米国VI価格調整額実績!2021年9月8日は11玉でプラス24,728円

2021年9月11日土曜日

価格調整額報告(米国VI)

t f B! P L


2021年9月8日に発生した米国VIの価格調整額は1玉あたりプラス2,248円でした。

11玉保有しているため、合計でプラス24,728円になります。

価格調整額推移

2021年の価格調整額について

2021年の価格調整額の推移と保有分に対する実績は以下になります。


発生日 1玉あたりの
価格調整額
保有
建玉数
未決済分
(月単位)
2021年
累計
2021年9月8日 2,248円 11 24,728円 242,572円
2021年8月11日 2,407円 11 26,477円 217,844円
2021年7月14日 2,794円 11 30,734円 191,367円
2021年6月9日 2,202円 11 24,222円 160,633円
2021年5月12日 295円 11 3,245円 136,411円
2021年4月14日 3,082円 11 33,902円 133,166円
2021年3月10日 3,206円 11 35,266円 99,264円
2021年2月10日 3,534円 11 38,874円 63,998円
2021年1月13日 2,284円 11 25,124円 25,124円

大きな価格調整額で安定しています。

現時点での2021年の価格調整額の月額平均は1玉あたり約2,450円になります。

これまでの価格調整額について

年単位での価格調整額の推移と保有分に対する実績は以下の通りです。


発生年 価格調整額
(年合計)
未決済分
(年単位)
未決済分
(累計)
2021年 22,052円 242,572円 350,707円
2020年 7,321円 71,179円 108,135円
2019年 11,974円 36,956円 36,956円
2018年 -2,806円 - -
2017年 14,500円 - -
※米国VIへの投資は2019年から開始しています。

米国VIへの投資開始からの保有分に対する価格調整額累計が35万円を超えました。

米国VIの新規売り規制が1年半以上続いていますが、早く解除されてポジション追加できるようになってほしいです。

関連記事

米国VIを使用したVIXショート戦略については以下の記事で紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

また、米国VIの新規売り規制が長期にわたって続いており、なかなか米国VIを使用した投資が再開できないため、代替え手段として米国VIブルでの投資もおすすめしています。
米国VIブルについては以下の記事で紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

その他

VIX関連のCFD投資はGMOクリック証券を使用しています。 GMOクリック証券CFD

Twitter始めました: @astmanage
ブログの更新情報等を発信していますので、良ければフォローお願いします。



QooQ