VIX関連CFD投資状況週次報告(2022年1月17日週)前週比:マイナス757,374円

2022年1月23日日曜日

週次報告(VIX関連CFD投資)

t f B! P L


VIX指数関連のCFDである米国VI、米国VIブル、米国VIベアの2022年1月17日週の収益は前週比で マイナス757,374円 でした。
2019年6月からの収益の総合計は プラス1,659,180円 になりました。

2022年1月17日週における各銘柄の変動

ポジション数

米国VIブルは、月曜日は休場、火曜日は取引規制という状態でしたが、水曜日以降は大きく上昇していた分多めにポジション追加を行ったため、いつもと同程度の増加量になりました。

米国VIベアは、大きく下がったので一旦決済を中止し、ポジション追加をしています。

ポジション数の推移
銘柄 ポジション数 前週からの変動
米国VI(売) 11 0
米国VIブル(売) 894 +38
米国VIベア(買) 248 +5

評価損益

VIX指数が急騰したため、含み益が大きく減少しています。

特に米国VIブルの含み益の減少は大きく、半分以下になっています。

評価損益の推移
銘柄 評価損益 前週からの変動
米国VI(売) +319,730円 -69,339円
米国VIブル(売) +394,054円 -492,101円
米国VIベア(買) +270,074円 -195,934円
合計 +983,858円 -757,374円

実現損益

決済したポジションはありませんでした。

実現損益(月次)の推移
実現損益(累計)の推移
銘柄 実現損益(累計) 実現損益(当月)
米国VI(売) 0円 0円
米国VIブル(売) +445,210円 0円
米国VIベア(買) +230,112円 0円
合計 +675,322円 0円

評価損益+実現損益(累計)

評価損益と実現損益の合計は前週比 マイナス757,374円 で、2019年6月からの収益の総合計は プラス1,659,180円 になりました。

来週も引き続きVIX指数が上昇して厳しい相場になる可能性がありますが、良いチャンスと捉えて継続的にポジション追加をしていきたいと思います。

評価損益+実現損益(累計)の推移
銘柄 評価+実現損益 前週からの変動
米国VI(売) +319,730円 -69,339円
米国VIブル(売) +839,264円 -492,101円
米国VIベア(買) +500,186円 -195,934円
合計 +1,659,180円 -757,374円

関連記事

前週の実績

前週の実績は以下になります。

VIX関連CFD投資について

VIX関連の各銘柄でのCFD投資については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

米国VI

米国VIの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIショート戦略の考察のおまけを以下で記事にしています。

米国VIブル

米国VIブルの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIブルのショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIブルのロスカットレートの目安を、以下の記事で更新しています。

拘束証拠金のシミュレーションは以下を活用ください。

米国VIベア

米国VIベアの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIベアを使用したVIX指数のショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

その他

VIX関連のCFD投資はGMOクリック証券を使用しています。
GMOクリック証券CFD

Twitter始めました: @astmanage
ブログの更新情報等を発信していますので、良ければフォローお願いします。



QooQ