CFD投資成績月次報告(2021年9月分)前月比:マイナス384,655円

2021年10月2日土曜日

月次報告(CFD投資全般)

t f B! P L


CFD投資における2021年9月末時点の実現損益累計および価格調整額等を含む評価損益の前月比は マイナス384,655円でした。

2019年6月からのCFD投資における合計損益は プラス5,022,242円になりました。

※今回から月次報告の内容を大きく見直しています。

2021年9月における各種CFD投資状況の変動

イギリス100

ポジション数

ペースは落ちていますが、継続してイギリス100を買い増しています。

銘柄 ポジション数
(8月末時点)
ポジション数
(9月末時点)
変動
イギリス100(買) 249 251 +2

評価損益

2021年9月は価格調整額が発生しましたが、それ以上に下落分が大きかったため評価損益は前月比でマイナスになりました。

銘柄 評価損益
(8月末時点)
評価損益
(9月末時点)
変動
イギリス100(買) +3,683,226円 +3,543,257円 -139,969円

実現損益累計

これまでに決済したポジションはありません。

イギリス100は価格調整額によるインカムゲイン狙いのため、基本的に決済の予定はありません。

VIX指数関連

ポジション数

米国VIは新規売り規制中のため変動がありません。
米国VIブルは順調にポジション数を増やしています。
米国VIベアは少しですが米国VIブルに取引規制がかかったタイミングで追加しています。

銘柄 ポジション数
(8月末時点)
ポジション数
(9月末時点)
変動
米国VI(売) 11 11 0
米国VIブル(売) 306 420 +114
米国VIベア(買) 143 146 +3

評価損益

中国恒大集団の経営危機やアメリカのデフォルトリスク等によるVIX指数の上昇のため、前月比で20万円近いマイナスになりました。

銘柄 評価損益
(8月末時点)
評価損益
(9月末時点)
変動
米国VI(売) +303,451円 +277,301円 -26,150円
米国VIブル(売) +221,770円 +104,821円 -116,949円
米国VIベア(買) +354,137円 +300,949円 -53,188円
合計 +879,358円 +683,071円 -196,287円

実現損益累計

変動はありませんでした。

銘柄 実現損益累計
(8月末時点)
実現損益累計
(9月末時点)
変動
米国VI(売) 0円 0円 変動なし
米国VIブル(売) +445,210円 +445,210円 変動なし
米国VIベア(買) +201,333円 +201,333円 変動なし
合計 +646,543円 +646,543円 変動なし

その他

ポジション数

金ベア2倍ETFについて、将来的にポジション数を減らすために運用を変更していますが、前月に続いてポジションが増えてしまっています。

金相場が落ち着いて上昇に転じるまで、短期的にはポジションが増えていきそうです。

銘柄 ポジション数
(8月末時点)
ポジション数
(9月末時点)
変動
金ベア2倍(売) 91 110 +19

評価損益

金ベア2倍ETFが上昇しているため、マイナスが拡大しています。

銘柄 評価損益
(8月末時点)
評価損益
(9月末時点)
変動
金ベア2倍(売) -10,215円 -58,614円 -48,399円
合計 -10,215円 -58,614円 -48,399円

実現損益累計

決済できるタイミングが無かったため、変動はありません。

銘柄 実現損益累計
(8月末時点)
実現損益累計
(9月末時点)
変動
S500 +200,817円 +200,817円 変動なし
日本225 +3,840円 +3,840円 変動なし
金ベア(売) +3,328円 +3,328円 変動なし
合計 +207,985円 +207,985円 変動なし

全体

評価損益 + 実現損益累計

2021年9月は全てでマイナスだったため、全体では前月比で マイナス384,655円という大きなマイナスになりました。

2019年6月からのCFD取引における合計損益は プラス5,022,242円になりました。

銘柄 評価損益+実現損益累計
(8月末時点)
評価損益+実現損益累計
(9月末時点)
変動
イギリス100 +3,683,226円 +3,543,257円 -139,969円
VIX指数関連 +1,525,901円 +1,329,614円 -196,287円
その他 +197,770円 +149,371円 -48,399円
合計 +5,406,897円 +5,022,242円 -384,655円

価格調整額

価格調整額によるインカム狙いであるイギリス100と米国VIについて、価格調整額の推移は以下になります。

月次

2021年9月はイギリス100の価格調整額もあったため、価格調整額の受け取りは プラス145,978円 になりました。

価格調整額の受け取りを平均すると、全期間での平均で 毎月46,143円、 直近1年間での平均で 毎月83,923円 の受け取りになります。

銘柄 価格調整額
(8月分)
価格調整額
(9月分)
変動
イギリス100(買) 0円 +121,250円 +121,250円
米国VI(売) +26,477円 +24,728円 -1,749円
合計 +26,477円 +145,978円 +119,501円
合計平均(直近1年間) +83,923円 +85,271円 +1,598円
合計平均(全期間) +42,446円 +46,143円 +3,698円

累計

2019年6月以降に受け取った価格調整額の累計は 1,292,012円 になりました。

銘柄 価格調整額
(8月末時点)
価格調整額
(9月末時点)
変動
イギリス100(買) +820,055円 +941,305円 +121,250円
米国VI(売) +325,979円 +350,707円 +24,728円
合計 +1,146,034円 +1,292,012円 +145,978円

関連記事

【前月の実績はこちら↓】

今回から報告内容を大きく変更しているため、前月分までは報告の目線が違う状態となっております。

株価指数CFD

主力の投資であるイギリス100については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

イギリス100

イギリス100の概要については、以下の記事で紹介しています。

イギリス100での複利運用の簡単な方法等について、以下の記事で紹介しています。

VIX指数関連

VIX関連の各銘柄でのCFD投資については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

米国VI

米国VIの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIショート戦略の考察のおまけを以下で記事にしています。

米国VIブル

米国VIブルの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIブルのショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIブルのロスカットレートの目安を、以下の記事で更新しています。

米国VIベア

米国VIベアの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIベアを使用したVIX指数のショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

その他

イギリス100や米国VI等のCFD投資はGMOクリック証券を使用しています。
GMOクリック証券CFD

Twitter始めました!: @astmanage
ブログの更新情報等を発信していますので、良ければフォローお願いします。



QooQ