CFD投資成績年次報告(2021年分)前年比:プラス6,105,079円

2022年1月3日月曜日

年次報告(CFD投資全般)

t f B! P L


2021年の一年間でのCFD投資における実現損益および評価損益の合計は プラス6,105,079円でした。

2021年はコロナショックからの回復も後押しとなってとても大きなプラスになりました。

2021年における各種CFD投資状況の変動

2021年1月1日を起点として、1年間でどのような変動があったかを確認していきます。

イギリス100

ポジション数

2021年のはじめは週2玉程度のペースで追加を行っていましたが、その後徐々にペースを落としていき、年末時点では月1玉程度の追加ペースになりました。

イギリス100のポジション数の推移(2021年1月1日からの変動)
イギリス100
ポジション数 前月比
1月 +7 +7
2月 +14 +7
3月 +19 +5
4月 +23 +4
5月 +26 +2
6月 +28 +2
7月 +30 +2
8月 +32 +2
9月 +34 +2
10月 +35 +1
11月 +36 +1
12月 +37 +1
※2021年1月1日からの変動です。

評価損益

コロナショックで下落していたイギリス100が回復してきたことに伴って、400万円超えのとても大きなプラスになりました。

イギリス100の評価損益の推移(2021年1月1日からの変動)
イギリス100
評価損益 前月比
1月 -323,996円 -323,996円
2月 +127,332円 +451,328円
3月 +1,088,588円 +961,256円
4月 +2,000,438円 +911,850円
5月 +2,325,085円 +324,647円
6月 +2,513,266円 +188,181円
7月 +2,388,567円 -124,699円
8月 +2,912,625円 +524,058円
9月 +2,772,656円 -139,969円
10月 +3,611,035円 +838,379円
11月 +2,843,006円 -768,029円
12月 +4,210,799円 +1,367,793円
※2021年1月1日からの変動です。

実現損益

決済したポジションは無く、実現損益は発生していないため省略します。

評価損益+実現損益(累計)

実現損益が発生しておらず、評価損益のみのグラフ・表と同じになるため省略します。

VIX指数関連

ポジション数

米国VIは新規売り規制が続いていたため、変動はありませんでした。

米国VIブルは5月に10玉→1玉の併合があったため一時的に減少しましたが、その後追加を加速させていったこともあってポジション数が大きく増えています。

米国VIベアは2021年の前半で少し決済していましたが、12月の米国VIブルの新規売り規制時に代替えとして多めにポジション追加を行った結果、最終的にポジション数は増加しました。

VIX指数関連のポジション数の推移(2021年1月1日からの変動)
米国VIブル 米国VIベア
ポジション数 前月比 ポジション数 前月比
1月 +4 +4 +4 +4
2月 +11 +7 +8 +4
3月 +34 +23 -36 -40
4月 +144 +110 -55 -15
5月 -130 -274 -63 -8
6月 -80 +50 -65 -2
7月 +20 +100 -59 +6
8月 +134 +114 -59 0
9月 +248 +114 -56 +3
10月 +374 +126 -56 0
11月 +507 +133 -46 +10
12月 +602 +95 +48 +94
※2021年1月1日からの変動です。
※米国VIは変動が無かったため省略します。

評価損益

5月に米国VIブルがマイナスになっていますが、併合のタイミングで一度全て決済したことによる影響です。

それ以外は、各銘柄共に一時的な上下はあっても順調に伸びています。

中でも米国VIブルはブレが大きいですが、その分含み益の伸びも大きくなっています。

VIX指数関連の評価損益の推移(2021年1月1日からの変動)
米国VI 米国VIブル 米国VIベア 合計
評価損益 前月比 評価損益 前月比 評価損益 前月比 評価損益 前月比
1月 -80,063円 -80,063円 -69,380円 -69,380円 -115,768円 -115,768円 -265,211円 -265,211円
2月 +19,379円 +99,442円 +30,016円 +99,396円 -19,943円 +95,825円 +29,452円 +294,663円
3月 +128,204円 +108,825円 +123,773円 +93,757円 +119,250円 +139,193円 +371,227円 +341,775円
4月 +167,185円 +38,981円 +141,848円 +18,075円 +146,278円 +27,028円 +455,311円 +84,084円
5月 +183,478円 +16,293円 -259,990円 -401,838円 +169,954円 +23,676円 +93,442円 -361,869円
6月 +224,719円 +41,241円 -205,547円 +54,443円 +227,344円 +57,390円 +246,516円 +153,074円
7月 +226,652円 +1,933円 -215,146円 -9,599円 +195,069円 -32,275円 +206,575円 -39,941円
8月 +273,718円 +47,066円 -36,215円 +178,931円 +260,297円 +65,228円 +497,800円 +291,225円
9月 +247,568円 -26,150円 -153,164円 -116,949円 +207,109円 -53,188円 +301,513円 -196,287円
10月 +317,456円 +69,888円 +272,260円 +425,424円 +332,941円 +125,832円 +922,657円 +621,144円
11月 +252,286円 -65,170円 -48,400円 -320,660円 +200,494円 -132,447円 +404,380円 -518,277円
12月 +358,717円 +106,431円 +619,682円 +668,082円 +410,409円 +209,915円 +1,388,808円 +984,428円
※2021年1月1日からの変動です。

実現損益

米国VIは決済したポジションは無く、実現損益は発生していません。

米国VIブルは5月の併合に合わせて一旦全ポジションを決済したため、突発的に大きな実現損益が上がっています。

米国VIベアは年の前半にコツコツ決済を行っていた分の実現損益がありますが、米国VIブルの実現損益が大きくてグラフでは見づらくなってしまいました。

VIX指数関連の実現損益(月次)の推移
VIX指数関連の実現損益(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
米国VIブル 米国VIベア 合計
実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比
1月 0円 0円 0円 0円 0円 0円
2月 0円 0円 0円 0円 0円 0円
3月 0円 0円 +1,904円 +1,904円 +1,904円 +1,904円
4月 0円 0円 +20,244円 +18,340円 +20,244円 +18,340円
5月 +445,210円 +445,210円 +28,803円 +8,559円 +474,013円 +453,769円
6月 +445,210円 0円 +31,650円 +2,847円 +476,860円 +2,847円
7月 +445,210円 0円 +31,650円 0円 +476,860円 0円
8月 +445,210円 0円 +31,650円 0円 +476,860円 0円
9月 +445,210円 0円 +31,650円 0円 +476,860円 0円
10月 +445,210円 0円 +31,650円 0円 +476,860円 0円
11月 +445,210円 0円 +31,650円 0円 +476,860円 0円
12月 +445,210円 0円 +31,650円 0円 +476,860円 0円
※2021年1月1日からの変動です。
※米国VIは変動が無かったため省略します。

評価損益+実現損益(累計)

米国VIブルが単独でプラス100万円を超えました。

また、VIX指数関連の合計ではプラス200万円に迫る勢いで、とても好調でした。

VIX指数関連の評価損益+実現損益(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
米国VI 米国VIブル 米国VIベア 合計
評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比
1月 -80,063円 -80,063円 -69,380円 -69,380円 -115,768円 -115,768円 -265,211円 -265,211円
2月 +19,379円 +99,442円 +30,016円 +99,396円 -19,943円 +95,825円 +29,452円 +294,663円
3月 +128,204円 +108,825円 +123,773円 +93,757円 +121,154円 +141,097円 +373,131円 +343,679円
4月 +167,185円 +38,981円 +141,848円 +18,075円 +166,522円 +45,368円 +475,555円 +102,424円
5月 +183,478円 +16,293円 +185,220円 +43,372円 +198,757円 +32,235円 +567,455円 +91,900円
6月 +224,719円 +41,241円 +239,663円 +54,443円 +258,994円 +60,237円 +723,376円 +155,921円
7月 +226,652円 +1,933円 +230,064円 -9,599円 +226,719円 -32,275円 +683,435円 -39,941円
8月 +273,718円 +47,066円 +408,995円 +178,931円 +291,947円 +65,228円 +974,660円 +291,225円
9月 +247,568円 -26,150円 +292,046円 -116,949円 +238,759円 -53,188円 +778,373円 -196,287円
10月 +317,456円 +69,888円 +717,470円 +425,424円 +364,591円 +125,832円 +1,399,517円 +621,144円
11月 +252,286円 -65,170円 +396,810円 -320,660円 +232,144円 -132,447円 +881,240円 -518,277円
12月 +358,717円 +106,431円 +1,064,892円 +668,082円 +442,059円 +209,915円 +1,865,668円 +984,428円
※2021年1月1日からの変動です。

その他

ポジション数

金ベア2倍ETFは、年の前半は少しずつポジション追加していましたが、あまり魅力を感じない状況が続いていたため、後半に方針を変更しました。
新たな方針では、金ベア2倍ETF全体で評価損益がプラスであれば決済、マイナスであればポジション追加という形で徐々にポジション数を減らすことを目指しましたが、現時点ではさらにポジション数が増加してしまう結果になっています。

日本225は3月に一時的に売りポジションを持ちましたが、3月中にすぐ決済したためグラフでは見えていません。

その他のポジション数の推移(2021年1月1日からの変動)
金ベア2倍ETF
ポジション数 前月比
1月 +3 +3
2月 +7 +4
3月 +8 +1
4月 +9 +1
5月 +9 +0
6月 +10 +1
7月 +13 +3
8月 +26 +16
9月 +45 +19
10月 +48 +3
11月 +44 -4
12月 +60 +16
※2021年1月1日からの変動です。
※日本225は月を跨いだ変動が無かったため省略します。

評価損益

2021年の金ベア2倍ETFの評価損益はゆったりとした間隔で上下していました。

その他の評価損益の推移(2021年1月1日からの変動)
金ベア2倍ETF
ポジション数 前月比
1月 -6,960円 -6,960円
2月 -38,296円 -31,336円
3月 -19,461円 +18,835円
4月 +2,819円 +22,280円
5月 +43,277円 +40,458円
6月 +5,646円 -37,631円
7月 +15,370円 +9,724円
8月 -3,167円 -18,537円
9月 -51,566円 -48,399円
10月 -9,397円 +42,169円
11月 -6,984円 +2,413円
12月 +11,724円 +18,708円
※2021年1月1日からの変動です。
※日本225は月を跨いだ変動が無かったため省略します。

実現損益

金ベア2倍ETFは年の後半からチャンスがあれば決済しています。

日本225は3月に日銀のETF買い入れ対象から日経平均が除外されたタイミングで売りポジションの裁量トレードを行いました。

その他の実現損益(月次)の推移
その他の実現損益(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
金ベア2倍ETF 日本225 合計
実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比
1月 0円 0円 0円 0円 0円 0円
2月 0円 0円 0円 0円 0円 0円
3月 0円 0円 +3,840円 +3,840円 +3,840円 +3,840円
4月 0円 0円 +3,840円 0円 +3,840円 0円
5月 0円 0円 +3,840円 0円 +3,840円 0円
6月 0円 0円 +3,840円 0円 +3,840円 0円
7月 +1,298円 +1,298円 +3,840円 0円 +5,138円 +1,298円
8月 +3,328円 +2,030円 +3,840円 0円 +7,168円 +2,030円
9月 +3,328円 0円 +3,840円 0円 +7,168円 0円
10月 +7,586円 +4,258円 +3,840円 0円 +11,426円 +4,258円
11月 +13,048円 +5,462円 +3,840円 0円 +16,888円 +5,462円
12月 +13,048円 0円 +3,840円 0円 +16,888円 0円
※2021年1月1日からの変動です。

評価損益+実現損益(累計)

金ベア2倍ETFの上下によってマイナスの月もありましたが、傾向としてはプラスに寄ってきているかと思います。

その他の評価損益+実現損益(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
金ベア2倍ETF 日本225 合計
評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比
1月 -6,960円 -6,960円 0円 0円 -6,960円 -6,960円
2月 -38,296円 -31,336円 0円 0円 -38,296円 -31,336円
3月 -19,461円 +18,835円 +3,840円 +3,840円 -15,621円 +22,675円
4月 +2,819円 +22,280円 +3,840円 0円 +6,659円 +22,280円
5月 +43,277円 +40,458円 +3,840円 0円 +47,117円 +40,458円
6月 +5,646円 -37,631円 +3,840円 0円 +9,486円 -37,631円
7月 +16,668円 +11,022円 +3,840円 0円 +20,508円 +11,022円
8月 +161円 -16,507円 +3,840円 0円 +4,001円 -16,507円
9月 -48,238円 -48,399円 +3,840円 0円 -44,398円 -48,399円
10月 -1,811円 +46,427円 +3,840円 0円 +2,029円 +46,427円
11月 +6,064円 +7,875円 +3,840円 0円 +9,904円 +7,875円
12月 +24,772円 +18,708円 +3,840円 0円 +28,612円 +18,708円
※2021年1月1日からの変動です。

全体

評価損益+実現損益(累計)

2021年はコロナショックの影響からの回復の波に乗れたことでイギリス100が400万円強のプラス、VIX指数関連が200万円弱のプラスになり、全合計では600万円超えの非常に大きなプラスになりました。

2022年はここまで好調にはならないと思いますが、2021年の結果に少しでも近い利益を出せるように工夫していきたいと思います。

全体での評価損益+実現損益(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
※2021年に変動が無かった項目は凡例から除外しています。
イギリス100 VIX指数関連 その他 合計
評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比
1月 -323,996円 -323,996円 -265,211円 -265,211円 -6,960円 -6,960円 -596,167円 -596,167円
2月 +127,332円 +451,328円 +29,452円 +294,663円 -38,296円 -31,336円 +118,488円 +714,655円
3月 +1,088,588円 +961,256円 +373,131円 +343,679円 -15,621円 +22,675円 +1,446,098円 +1,327,610円
4月 +2,000,438円 +911,850円 +475,555円 +102,424円 +6,659円 +22,280円 +2,482,652円 +1,036,554円
5月 +2,325,085円 +324,647円 +567,455円 +91,900円 +47,117円 +40,458円 +2,939,657円 +457,005円
6月 +2,513,266円 +188,181円 +723,376円 +155,921円 +9,486円 -37,631円 +3,246,128円 +306,471円
7月 +2,388,567円 -124,699円 +683,435円 -39,941円 +20,508円 +11,022円 +3,092,510円 -153,618円
8月 +2,912,625円 +524,058円 +974,660円 +291,225円 +4,001円 -16,507円 +3,891,286円 +798,776円
9月 +2,772,656円 -139,969円 +778,373円 -196,287円 -44,398円 -48,399円 +3,506,631円 -384,655円
10月 +3,611,035円 +838,379円 +1,399,517円 +621,144円 +2,029円 +46,427円 +5,012,581円 +1,505,950円
11月 +2,843,006円 -768,029円 +881,240円 -518,277円 +9,904円 +7,875円 +3,734,150円 -1,278,431円
12月 +4,210,799円 +1,367,793円 +1,865,668円 +984,428円 +28,612円 +18,708円 +6,105,079円 +2,370,929円
※2021年1月1日からの変動です。

価格調整額

価格調整額によるインカム狙いであるイギリス100と米国VIについて、価格調整額の推移は以下になります。

イギリス100

9月分が比較的少なめでしたが、それでも年間を通して大きな価格調整額でした。

イギリス100の価格調整額(月次)の推移
イギリス100の価格調整額(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
イギリス100
価格調整額(累計) 前月比
1月 0円 0円
2月 0円 0円
3月 +191,412円 +191,412円
4月 +191,412円 0円
5月 +191,412円 0円
6月 +468,596円 +277,184円
7月 +468,596円 0円
8月 +468,596円 0円
9月 +589,846円 +121,250円
10月 +589,846円 0円
11月 +589,846円 0円
12月 +827,336円 +237,490円
※2021年1月1日からの変動です。

米国VI

5月分は少なかったですが、バックワーデーションによるマイナスの月はなく非常に好調な1年でした。

米国VIの価格調整額(月次)の推移
米国VIの価格調整額(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
米国VI
価格調整額(累計) 前月比
1月 +25,124円 +25,124円
2月 +63,998円 +38,874円
3月 +99,264円 +35,266円
4月 +133,166円 +33,902円
5月 +136,411円 +3,245円
6月 +160,633円 +24,222円
7月 +191,367円 +30,734円
8月 +217,844円 +26,477円
9月 +242,572円 +24,728円
10月 +265,639円 +23,067円
11月 +282,799円 +17,160円
12月 +317,020円 +34,221円
※2021年1月1日からの変動です。

全体

2021年の価格調整額はイギリス100、米国VI共に好調で、1年間に受け取った価格調整額は両銘柄の合計で100万円を超えました。

全体での価格調整額(月次)の推移
全体での価格調整額(累計)の推移(2021年1月1日からの変動)
全体
価格調整額(累計) 前月比
1月 +25,124円 +25,124円
2月 +63,998円 +38,874円
3月 +290,676円 +226,678円
4月 +324,578円 +33,902円
5月 +327,823円 +3,245円
6月 +629,229円 +301,406円
7月 +659,963円 +30,734円
8月 +686,440円 +26,477円
9月 +832,418円 +145,978円
10月 +855,485円 +23,067円
11月 +872,645円 +17,160円
12月 +1,144,356円 +271,711円
※2021年1月1日からの変動です。

関連記事

株価指数CFD

主力の投資であるイギリス100については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

イギリス100

イギリス100の概要については、以下の記事で紹介しています。

イギリス100での複利運用の簡単な方法等について、以下の記事で紹介しています。

VIX指数関連

VIX関連の各銘柄でのCFD投資については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

米国VI

米国VIの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIショート戦略の考察のおまけを以下で記事にしています。

米国VIブル

米国VIブルの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIブルのショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIブルのロスカットレートの目安を、以下の記事で更新しています。

拘束証拠金のシミュレーションは以下を活用ください。

米国VIベア

米国VIベアの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIベアを使用したVIX指数のショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

その他

イギリス100や米国VI等のCFD投資はGMOクリック証券を使用しています。
GMOクリック証券CFD

Twitter始めました!: @astmanage
ブログの更新情報等を発信していますので、良ければフォローお願いします。



QooQ