CFD投資成績年次報告(2022年分)前年比:プラス2,294,340円

2023年1月3日火曜日

年次報告(CFD投資全般)

t f B! P L


2022年の一年間でのCFD投資における実現損益および評価損益の合計は プラス2,294,340円でした。

2019年6月からのCFD投資における合計損益は プラス9,915,030円になりました。

2022年における各種CFD投資状況の変動

イギリス100

ポジション数

1年を通して毎月1玉のペースで買い増しを行いました。

イギリス100のポジション数の推移
イギリス100
ポジション数 前月比
1月 255 +1
2月 256 +1
3月 257 +1
4月 258 +1
5月 259 +1
6月 260 +1
7月 261 +1
8月 262 +1
9月 263 +1
10月 264 +1
11月 265 +1
12月 266 +1

評価損益

9月には世界的な利上げ傾向の影響もあり評価損益が大きく減少していましたが、その後回復傾向となり最終的には前年比プラス110万円程になりました。

イギリス100の評価損益の推移
イギリス100
評価損益 前月比
1月 +5,495,938円 +514,538円
2月 +5,072,457円 -423,481円
3月 +5,830,621円 +758,164円
4月 +5,778,161円 -52,460円
5月 +6,436,343円 +658,182円
6月 +4,925,727円 -1,510,616円
7月 +5,929,327円 +1,003,600円
8月 +5,331,007円 -598,320円
9月 +3,486,909円 -1,844,098円
10月 +4,800,721円 +1,313,812円
11月 +6,963,177円 +2,162,456円
12月 +6,089,560円 -873,617円

実現損益

決済したポジションは無く、実現損益は発生していないため省略します。

評価損益+実現損益(累計)

実現損益が発生しておらず、評価損益のみのグラフ・表と同じになるため省略します。

VIX指数関連

ポジション数

GMOクリック証券の米国VIは新規売り規制が続いていたため、変動はありませんでした。

米国VIブルは2月に売建玉数の上限が設定されてしまったため、3月以降ポジション追加が行えない状態でした。

米国VIベアはGMOクリック証券の米国VI、米国VIブルの代替えとして買い増しを行っていましたが、ポジション数が増えすぎたことに伴い昨今の不安定な状況でのリスクが大きすぎると判断し、後半は決済に努めています。

また、新規の銘柄としては11月からLINE CFDの米国VIの取引を開始しました。
今後、GMOクリック証券のVIX指数関連銘柄に替わる新たな主力にしていきたいと考えています。

VIX指数関連のポジション数の推移
米国VIブル 米国VIベア 米国VI(LINE)
ポジション数 前月比 ポジション数 前月比 ポジション数 前月比
1月 916 +142 259 +9 0 0
2月 1,010 +94 284 +25 0 0
3月 1,070 +60 299 +15 0 0
4月 1070 0 318 +19 0 0
5月 1070 0 339 +21 0 0
6月 1070 0 360 +21 0 0
7月 1070 0 380 +20 0 0
8月 1070 0 403 +23 0 0
9月 1070 0 414 +11 0 0
10月 1070 0 373 -41 0 0
11月 1070 0 289 -84 1 +1
12月 1070 0 205 -84 2 +1
※米国VI(GMO)は変動が無かったため省略します。

評価損益

相場が不安定だったこともあり大きく増減しましたが、最終的には米国VIベア以外は前年比プラスになりました。

米国VIベアの前年比マイナスについても、大半は決済(利確)によるものになるため、純粋なマイナスは少なかったと考えています。

VIX指数関連の評価損益の推移
米国VI(GMO) 米国VIブル 米国VIベア 米国VI(LINE) 合計
評価損益 前月比 評価損益 前月比 評価損益 前月比 評価損益 前月比 評価損益 前月比
1月 +350,601円 -37,849円 +603,810円 -273,857円 +331,544円 -172,705円 0円 0円 +1,285,955円 -484,411円
2月 +319,262円 -31,339円 +332,671円 -271,139円 +171,265円 -160,279円 0円 0円 +823,198円 -462,757円
3月 +371,294円 +52,032円 +896,500円 +563,829円 +301,589円 +130,324円 0円 0円 +1,569,383円 +746,185円
4月 +270,822円 -100,472円 +276,215円 -620,285円 +32,185円 -269,404円 0円 0円 +579,222円 -990,161円
5月 +337,591円 +66,769円 +899,064円 +622,849円 +133,812円 +101,627円 0円 0円 +1,370,467円 +791,245円
6月 +315,480円 -22,111円 +850,312円 -48,752円 +57,768円 -76,044円 0円 0円 +1,223,560円 -146,907円
7月 +412,709円 +97,229円 +1,432,652円 +582,340円 +321,364円 +263,596円 0円 0円 +2,166,725円 +943,165円
8月 +402,927円 -9,782円 +1,502,260円 +69,608円 +286,914円 -34,450円 0円 0円 +2,192,101円 +25,376円
9月 +332,590円 -70,337円 +1,155,850円 -346,410円 +21,509円 -265,405円 0円 0円 +1,509,949円 -682,152円
10月 +404,375円 +71,785円 +1,680,961円 +525,111円 +263,994円 +242,485円 0円 0円 +2,349,330円 +839,381円
11月 +477,141円 +72,766円 +1,896,109円 +215,148円 +402,367円 +138,373円 +5,908円 +5,908円 +2,781,525円 +432,195円
12月 +504,213円 +27,072円 +1,893,548円 -2,561円 +345,286円 -57,081円 +2,490円 -3,418円 +2,745,537円 -35,988円

実現損益

米国VIベアの利確分の実現損益と、米国VI(LINE)のロールオーバーに伴う決済分の実現損益が発生しています。

VIX指数関連の実現損益(月次)の推移
VIX指数関連の実現損益(累計)の推移
米国VIブル 米国VIベア 米国VI(LINE) 合計
実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比
1月 +445,210円 0円 +230,088円 +28,755円 0円 0円 +675,298円 +28,755円
2月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
3月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
4月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
5月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
6月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
7月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
8月 +445,210円 0円 +230,088円 0円 0円 0円 +675,298円 0円
9月 +445,210円 0円 +230,618円 +530円 0円 0円 +675,828円 +530円
10月 +445,210円 0円 +233,149円 +2,531円 0円 0円 +678,359円 +2,531円
11月 +445,210円 0円 +259,048円 +25,899円 0円 0円 +704,258円 +25,899円
12月 +445,210円 0円 +326,369円 +67,321円 +7,109円 +7,109円 +778,688円 +74,430円
※米国VIは実現損益が無いため省略します。

評価損益+実現損益(累計)

前年に引き続き米国VIブルが単独でプラス100万円を超えました。

米国VIベアのパフォーマンスが悪かったのが残念ですが、全体としては良い結果だったかと思います。

VIX指数関連の評価損益+実現損益(累計)の推移
米国VI(GMO) 米国VIブル 米国VIベア 米国VI(LINE) 合計
評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比
1月 +350,601円 -37,849円 +1,049,020円 -273,857円 +561,632円 -143,950円 0円 0円 +1,961,253円 -455,656円
2月 +319,262円 -31,339円 +777,881円 -271,139円 +401,353円 -160,279円 0円 0円 +1,498,496円 -462,757円
3月 +371,294円 +52,032円 +1,341,710円 +563,829円 +531,677円 +130,324円 0円 0円 +2,244,681円 +746,185円
4月 +270,822円 -100,472円 +721,425円 -620,285円 +262,273円 -269,404円 0円 0円 +1,254,520円 -990,161円
5月 +337,591円 +66,769円 +1,344,274円 +622,849円 +363,900円 +101,627円 0円 0円 +2,045,765円 +791,245円
6月 +315,480円 -22,111円 +1,295,522円 -48,752円 +287,856円 -76,044円 0円 0円 +1,898,858円 -146,907円
7月 +412,709円 +97,229円 +1,877,862円 +582,340円 +551,452円 +263,596円 0円 0円 +2,842,023円 +943,165円
8月 +402,927円 -9,782円 +1,947,470円 +69,608円 +517,002円 -34,450円 0円 0円 +2,867,399円 +25,376円
9月 +332,590円 -70,337円 +1,601,060円 -346,410円 +252,127円 -264,875円 0円 0円 +2,185,777円 -681,622円
10月 +404,375円 +71,785円 +2,126,171円 +525,111円 +497,143円 +245,016円 0円 0円 +3,027,689円 +841,912円
11月 +477,141円 +72,766円 +2,341,319円 +215,148円 +661,415円 +164,272円 +5,908円 +5,908円 +3,485,783円 +458,094円
12月 +504,213円 +27,072円 +2,338,758円 -2,561円 +671,655円 +10,240円 +9,599円 +3,691円 +3,524,225円 +38,442円

その他

ポジション数

金ベア2倍ETFの決済を続けた結果、5月に全ポジションの決済が完了しました。

今のところ、当面ポジションを保有する予定はありません。

その他のポジション数の推移
金ベア2倍ETF
ポジション数 前月比
1月 118 -7
2月 93 -25
3月 47 -46
4月 17 -30
5月 0 -17
6月 0 0
7月 0 0
8月 0 0
9月 0 0
10月 0 0
11月 0 0
12月 0 0

評価損益

全ポジションを決済したため、評価損益は0円になりました。

その他の評価損益の推移
金ベア2倍ETF
ポジション数 前月比
1月 -14,287円 -18,963円
2月 +48,158円 +62,445円
3月 +48,024円 -134円
4月 +15,231円 -32,793円
5月 0円 -15,231円
6月 0円 0円
7月 0円 0円
8月 0円 0円
9月 0円 0円
10月 0円 0円
11月 0円 0円
12月 0円 0円

実現損益

金ベア2倍ETF決済分の実現損益が発生しています。

その他の実現損益(月次)の推移
その他の実現損益(累計)の推移
金ベア2倍ETF 日本225 米国S500 合計
実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比 実現損益(累計) 前月比
1月 +13,136円 +88円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +217,793円 +88円
2月 +17,650円 +4,514円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +222,307円 +4,514円
3月 +54,002円 +36,352円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +258,659円 +36,352円
4月 +85,784円 +31,782円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +290,441円 +31,782円
5月 +96,588円 +10,804円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 +10,804円
6月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
7月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
8月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
9月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
10月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
11月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
12月 +96,588 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円

評価損益+実現損益(累計)

金ベア2倍ETFの決済が完了し、前年比プラスで取引を終えることができました。

その他の評価損益+実現損益(累計)の推移
金ベア2倍ETF 米国S500 日本225 合計
評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比
1月 -1,151円 -18,875円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +203,506円 -18,875円
2月 +65,808円 +66,959円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +270,465円 +66,959円
3月 +102,026円 +36,218円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +306,683円 +36,218円
4月 +101,015円 -1,011円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +305,672円 -1,011円
5月 +96,588円 -4,427円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 -4,427円
6月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
7月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
8月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
9月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
10月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
11月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円
12月 +96,588円 0円 +200,817円 0円 +3,840円 0円 +301,245円 0円

全体

評価損益+実現損益(累計)

イギリス100、VIX指数関連銘柄共に、それぞれ前年比100万円超えのプラスになり、順調な結果だったかと思います。

全体での評価損益+実現損益(累計)の推移
イギリス100 VIX指数関連 その他 合計
評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比 評価+実現損益 前月比
1月 +5,495,938円 +514,538円 +1,961,253円 -455,656円 +203,506円 -18,875円 +7,660,697円 +40,007円
2月 +5,072,457円 -423,481円 +1,498,496円 -462,757円 +270,465円 +66,959円 +6,841,418円 -819,279円
3月 +5,830,621円 +758,164円 +2,244,681円 +746,185円 +306,683円 +36,218円 +8,381,985円 +1,540,567円
4月 +5,778,161円 -52,460円 +1,254,520円 -990,161円 +305,672円 -1,011円 +7,338,353円 -1,043,632円
5月 +6,436,343円 +658,182円 +2,045,765円 +791,245円 +301,245円 -4,427円 +8,783,353円 +1,445,000円
6月 +4,925,727円 -1,510,616円 +1,898,858円 -146,907円 +301,245円 0円 +7,125,830円 -1,657,523円
7月 +5,929,327円 +1,003,600円 +2,842,023円 +943,165円 +301,245円 0円 +9,072,595円 +1,946,765円
8月 +5,331,007円 -598,320円 +2,867,399円 +25,376円 +301,245円 0円 +8,499,651円 -572,944円
9月 +3,486,909円 -1,844,098円 +2,185,777円 -681,622円 +301,245円 0円 +5,973,931円 -2,525,720円
10月 +4,800,721円 +1,313,812円 +3,027,689円 +841,912円 +301,245円 0円 +8,129,655円 +2,155,724円
11月 +6,963,177円 +2,162,456円 +3,485,783円 +458,094円 +301,245円 0円 +10,750,205円 +2,620,550円
12月 +6,089,560円 -873,617円 +3,524,225円 +38,442円 +301,245円 0円 +9,915,030円 -835,175円

価格調整額

価格調整額によるインカム狙いであるイギリス100と米国VI(GMO)について、価格調整額の推移は以下になります。

イギリス100

2022年は9月に初めてマイナスの価格調整額が発生しました。

また、12月の価格調整額も少なかったため、厳しい一年でした。

イギリス100の価格調整額(月次)の推移
イギリス100の価格調整額(累計)の推移
イギリス100
価格調整額(累計) 前月比
1月 +1,178,795円 0円
2月 +1,178,795円 0円
3月 +1,395,189円 +216,394円
4月 +1,395,189円 0円
5月 +1,395,189円 0円
6月 +1,630,229円 +235,040円
7月 +1,630,229円 0円
8月 +1,630,229円 0円
9月 +1,593,146円 -37,083円
10月 +1,593,146円 0円
11月 +1,593,146円 0円
12月 +1,612,564円 +19,418円

米国VI(GMO)

2022年は3月に比較的大きめのバックワーデーションとなり、他にも5月、10月とバックワーデーションで価格調整額がマイナスの月がありました。

ですが、年間で見ると想定よりも価格調整額が少ないということもなく、順調な結果でした。

米国VIの価格調整額(月次)の推移
米国VIの価格調整額(累計)の推移
米国VI(GMO)
価格調整額(累計) 前月比
1月 +453,524円 +28,369円
2月 +470,915円 +17,391円
3月 +454,899円 -16,016円
4月 +477,141円 +22,242円
5月 +475,436円 -1,705円
6月 +496,974円 +21,538円
7月 +510,416円 +13,442円
8月 +542,569円 +32,153円
9月 +562,248円 +19,679円
10月 +557,408円 -4,840円
11月 +558,530円 +1,122円
12月 +596,513円 +37,983円

全体

2022年の価格調整額は、米国VI(GMO)は順調でしたがイギリス100が不調だったため、物足りない結果になってしまいました。

全体での価格調整額(月次)の推移
全体での価格調整額(累計)の推移
全体
価格調整額(累計) 前月比
1月 +1,632,319円 +28,369円
2月 +1,649,710円 +17,391円
3月 +1,850,088円 +200,378円
4月 +1,872,330円 +22,242円
5月 +1,870,625円 -1,705円
6月 +2,127,203円 +256,578円
7月 +2,140,645円 +13,442円
8月 +2,172,798円 +32,153円
9月 +2,155,394円 -17,404円
10月 +2,150,554円 -4,840円
11月 +2,151,676円 +1,122円
12月 +2,209,077円 +57,401円

関連記事

【前年の実績はこちら↓】

株価指数CFD

主力の投資であるイギリス100については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

イギリス100

イギリス100の概要については、以下の記事で紹介しています。

イギリス100での複利運用の簡単な方法等について、以下の記事で紹介しています。

VIX指数関連

VIX関連の各銘柄でのCFD投資については、以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

米国VI(GMO)

GMOクリック証券の米国VIの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIショート戦略の考察のおまけを以下で記事にしています。

米国VIブル

米国VIブルの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIブルのショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VIブルのロスカットレートの目安を、以下の記事で更新しています。

拘束証拠金のシミュレーションは以下を活用ください。

米国VIベア

米国VIベアの概要については、以下の記事で紹介しています。

米国VIベアを使用したVIX指数のショート戦略の考察について、以下の記事で説明しています。

米国VI(LINE)

LINE CFDの米国VIについては、以下の記事で紹介しています。

その他

イギリス100や米国VI等のCFD投資は主にGMOクリック証券を使用しています。
GMOクリック証券CFD

Twitter始めました!: @astmanage
ブログの更新情報等を発信していますので、良ければフォローお願いします。



QooQ